12 × 5

1. Around And Around
2. Confessin' The Blues
3. Empty Heart
4. Time Is On My Side
5. Good Times,Bad Times
6. It's All Over Now
7. 2120 South Michigan
8. Under The Boardwalk
9. Congraturations
10. Grown Up Wrong
11. If You Need Me
12. Susie Q

米国でのセカンドアルバムでこちらはバンド名と12曲を5人で作ったという意味の「12×5」というタイトルが印刷されています。英国盤とは若干内容が異なり、こちらにはオリジナルが5曲収録されています。そのうち「Empty Heart」「2120 South Michigan」がメンバー全員での作曲で「Good Times,Bad Times」「Congraturations」「Grown Up Wrong」がミック&キース共作です。チャック・ベリーのノリノリな(死語)カヴァー「Around And Around」から始まり、ブルージーな「Confessin' The Blues」や「Congratulations」「If You Need Me」といったスローな曲では良い意味でのまったりとした雰囲気を楽しめます。また、初期のストーンズの代表曲「Time Is On My Side」が収録されています。この曲はカヴァー曲ながらストーンズの歴史の中では重要な曲だと思います。ファーストアルバムに比べるとアップテンポの曲が少ない印象ですが、他にもインストの名曲「2120 South Michigan」など聴きどころが沢山あるアルバムかと思います。米国盤には英国盤には収録されなかったシングル「It's All Over Now」が入っています。というか、米国盤はシングルのAB面共収録しています。基本シングルヒット曲は収録しないイギリスの売り方とアメリカの売り方が異なるのが面白いところですまた。まだカヴァー曲が半分を占めていますが、ミック&キースのソングライターとしての才能が少しずつ開花し始めているので興味深いアルバムです。

BACK
inserted by FC2 system