Rock And Roll Circus

1. Song For Jeffrey (Jethro Tull)
2. A Quick One (The Who)
3. Ain't That A Lot Of Love (Taj Mahal)
4. Something Better (Marianne Faithfull)
5. Yer Blues (The Dirty Mac)
6. Whole Lotta Yoko (Yoko Ono & Ivry Gitlis with The Dirty Mac)
7. Jumping Jack Flash
8. Parachute Woman
9. No Expectations
10. You Can't Always Get What You Want
11. Sympathy For The Devil
12. Salt Of The Earth

このアルバムは68年にミックがプロデュースしたストーンズ主催のTVショウの音源です。(※カッコで囲っているのは共演したアーティストの名前です)しかし、リリースされたのは96年になってからで長い間お蔵入りとなっていた伝説のTVショウでした。お蔵入りの理由は共演したThe Whoの演奏が凄すぎて全部持っていかれたからみたいです(笑)確かにこの時のThe Whoは凄いです、特にキース・ムーンのドラムが半端ないです。でもストーンズが負けているかといったら全くそんな事はないと思います。というか、そもそもThe Whoとは土俵が違うというか比べる意味はないと思うのですが、きっとまだミックも若かったので変なプライドがあったのかなと思います。The Dirty Macはジョン・レノン、エリック・クラプトン、キース・リチャーズ(ベース)、ジミ・ヘンドリックスの後ろでドラムを叩いていたミッチ・ミッチェルという豪華なメンバーの即興バンドです。このTVショウの模様もDVDで今でも見れますので是非見て欲しいですね。むしろ、音源より映像の方をまず見て欲しいです。なぜなら公の場でブライアン・ジョーンスが最後に見せたパフォーマンスなので…。

BACK
inserted by FC2 system